GoogleのTranslation Hub解説【概要・利用料金・使い方】

Google Cloud Next ’22というイベント(2022/10/12 開催)にて、Google CloudがTranslation Hubという「AI自動翻訳ツール」を発表しました。

この記事では、Translation Hubの概要・利用料金・使い方についてなるべくわかりやすく日本語で解説していきます。

Translation Hubとは?

概要

  • Google Cloudというクラウドサービス上で動く「AI自動翻訳ツール」です。
  • 文書のレイアウトやフォントを維持しながら、「135カ国語」に翻訳できます。
  • 「Google Workspace、Microsoft Office、Adobe PDFs」に対応(docx、pptx、pdfなどに対応)。

利用料金

現時点(2022/10/14)では、以下のようなプランです(目安)。

  • 基本プランは、「1ページあたり$0.15(約22円)」です。
  • 上級プランは、「1ページあたり$0.50(約74円)」です。

より正確な最新情報は、ホームページをご参照ください。

【方法】Translation Hubの使い方

1. Google Cloudのアカウント作成 / ログイン

以下のウェブサイトへアクセスして、「Google Cloudのアカウント(およびプロジェクト)を作成」しましょう。

すでにアカウントがある人はログインしましょう。

2. Translation Hubのポータルを作成

Google Cloudのコンソールへ入ることができたら、まず「Translation Hubと検索」をして、一番上の「Translation Hub」というサービスを選択します。

次に、「ポータルを作成」をクリックします。

最後に、「ポータルを作成」をクリック後、「ポータルの表示名」「料金ティア」を選択して、「作成」をクリックします。

以下のように、設定した表示名でポータルが作成されていれば、ポータルの作成は完了です。

3. サービスアカウントへの権限付与

続いて、前準備として作成したポータルのサービスアカウントに対して、アクセス権を付与する必要があります。

まず以下のように、サービスアカウントのアドレス(末尾が “@gcp-sa-translationhub.iam.gserviceaccount.com“のアドレス)を「コピー」しておきます。

次に、「IAMに移動」をクリックします。

IAMの画面が表示されたら、「アクセス権を付与」をクリックして、新しいプリンパルに先ほどコピーしたサービスアカウントを貼り付けます。そして、ロールには「Translate Hubのポータルユーザ」を選択して、保存します。

4. ポータル用ユーザーアカウントの追加

続いて、ポータル(Googleが用意している作業者用のページ)へログインするためのユーザー追加を行なっていきます。

Translate Hubのページへ戻り、左側のサイドメニューから「ユーザー」を選択し、「ユーザーを追加」をクリックします。

そして、ポータルを使用するユーザー(翻訳を行う作業者)の方の「メールアドレス」「ログイン方法」と紐付けるポータルの「ポータル名」を指定して、追加します。

先程のポータルの画面へ戻り(左側のサイドメニューから選択可能)、ポータル名をクリックします。

ここで先ほど追加したユーザーが存在することを確認した後、ポータルのURLへアクセスしましょう。

ユーザーが存在しない場合の対処法

もしもユーザー名がなかったり、ユーザー追加をしようとして選択できるユーザーがいません。ユーザーページでこのプロジェクトにユーザーを追加してください。というエラーが表示されたりする場合、上述したTranslate Hubにおけるユーザー追加ができていないため、再度確認してやり直しましょう。

5. ポータルへのログインと翻訳の実行

ポータルのURL(下記のURLでも可)へアクセスして、設定したメールアドレスとログイン方法でログインをします。

ログインに成功すると、以下のような画面になるため、規約に同意できるようであれば、チェックを入れて「AGREE AND CONTINUE」をクリックします。

いよいよ翻訳の実行です。

以下の画面がTranslation Hubのポータル画面になります。

「Select file(もしくはImport from Google Drive)」をクリックして、翻訳したいファイルを選択します。

ここでは、宮沢賢治さんの「雨にも負けず」をdocxとして用意して、翻訳してみます。

「言語を選択」して、「Translate」をクリックします。

すると、数秒待った後、以下のように英語版のWordファイルが出力されることを確認できました。

右上のダウンロードボタンから「ダウンロード」することもできます。

追加で、PDF版のファイルも用意して、変換してみたところ下記の通り、翻訳ができました。

【結果】元ファイルと翻訳ファイルの比較

docxファイルの比較

2カラムのファイルでもうまく翻訳できていることがわかります。

フォントなどは維持されていますが、改行などの設定の関係で、文字の位置は若干ずれてしまいました。

pdfファイルの比較

こちらは、docxファイルに比べて、文字サイズが非常に小さくなってしまいました。

翻訳結果がdocxの時と変わっていることが非常に興味深いですね。

ちなみに、PDFにおいてのみ、左上に「Machine Translated by Google」と表示されました。

最後に

いかがだったでしょうか?

この記事を通して、少しでもあなたの学びに役立てば幸いです。

この他にも、Twitterにて「データサイエンティスト / エンジニアに役立つ情報を発信中」ですので、フォローお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA